スペーサー

2015年2月17日 / 未分類

自動車のパーツ交換を行うことがありますが、その中でも足回り部分として、サスペンションやブレーキ、アルミホイールやタイヤなどを純正パーツから社外パーツへと交換することも広く行われています。

 

サスペンションに関しては、スポーツタイプのものに交換した場合では、やや硬めに設定されていることが多く、走りに変化を与えることができます。ブレーキも同様で、利きを良好にすると共に、見た目上のこととして、アルミホイールの隙間から見ることができるために、一定のドレスアップ効果を兼ね備えています。

 

a0782_000102

 

足回りで最も行われていることでは、アルミホイールの装着になりますが、中にはインチアップとして、純正のホイールよりも大きなサイズに変えることも人気があります。アルミホイールをインチアップさせた場合では、同時にタイヤを低扁平にすることが必要とされているために、適合するサイズを調べることが必要になります。また、細かいパーツではスペーサーと呼ばれているものがあります。

 

このパーツはホイールを外側に出すことができ、ドレスアップとして活用することの他に、オフセットの問題としてタイヤの干渉を防ぐために活用されることもありますが、あまりに厚みのあるものを利用する場合では、ハブボルトを長いものに交換することもおすすめになります。

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る